怪文書とともにGmailが「全滅」

話題

怪文書とともにGmailが「全滅」
  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

ある日突然、
過去のメールがすべて消えてしまった。

しかも直前には、
奇妙な文面のメールが届いており・・・

そんな体験談が、
ツイッターで話題となっている。

「真菜」さんのGmailアカウントに、
一通のメールが届いたのは、
2017年9月2日の昼ごろだったという。

送信者は「自分」を騙る何者か
「メールがぜーんぶ消えたわ ああ、さっぱりした」
ただそれだけ書かれた、
ごく短いメールである。

差出人の欄にあった名は、
「自分」だ。
直前まで昼寝していたという真菜さんには、
当然そんなメールを書いた覚えはない。

不審に思ってGmailを開くと、
さらに驚くことが。

なんと、
これまで受信・送信したメールの大部分が、
すっかり消えてなくなっていたのである。


運営会社のGoogleに
真菜さんが問い合わせたところ、
4日朝に返信があり、
幸いにもメールは
すべて復元することができたという。

ひとまずは一件落着となったが、
原因は謎のままだ。


今回のトラブルについて
J-CASTニュースは4日、
Googleに取材依頼を行ったものの、
5日夕時点で返答はなかった。

とはいえ、Gmailを含むGoogleアカウントを
「乗っ取り」される事例自体は、
そう珍しいものではない。

2017年5月には英語圏を中心に、
フィッシングメールを使って
Gmailへのアクセス権を奪う、
という手口が横行、
Googleが注意を呼びかけるとともに対策に動く、
という騒動があった。

Google自身、
サイト上で以下のように述べている。

「あなたが考えている以上に
パスワードを盗むことは簡単です」


対策としてGoogleは
「2段階認証」を推奨している。
パソコンとスマートフォンなど、
2つの端末をログインの際に使うというものだ。

上記の真菜さんも、
今回の件を受けてさっそく導入したと
ツイートしている。



誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
1
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

関連記事

ピックアップ!

月別アーカイブ

旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸