買ってはいけない「激安食品」

気になる話

買ってはいけない「激安食品」
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!

メーカーの努力で
コストカットを実現したものから、
コンビニやスーパーの
低価格プライべート商品まで。

最近ではコスパのいい食品が
増えていて嬉しい限り。

しかし、中には
「安かろう悪かろう」な
食品も少なくない。

それが
「安さを追求して
過剰な加工を施している食品」
である。

果たして、同じ低価格でも
「ダメな安マズ食品」は
どこで見抜くのだろうか?


『激安食品が30年後の日本を滅ぼす!』の
著者・河岸宏和氏に聞いた。


「まず注意したいのは
ハム、ソーセージなどの加工肉。

安いハムは、
肉の重量と同じだけの
植物性タンパク、大豆タンパク、
卵タンパク、水などを
肉の中に打ち込んでカサ増しし、
色が薄くなった分、
着色料で色を付けています」


続いては日本人の食卓に
欠かせない豆腐。

「にがりで豆腐を作る場合は、
1俵(60kg)の大豆から
400丁程度しか豆腐を作ることができませんが、
GDL(凝固剤)を使用した
3丁100円くらいの豆腐は、
1俵の大豆から
700丁以上の豆腐を作ることができます。

ただし、味は薄く
まずくなってしまうのです。

値段に惑わされず、
成分表示ににがりの表記が
あるものを買うのがよいでしょう」


最後は、家呑みでの
人気も高まっているワイン。

「最近は国内のワイナリーも人気ですが、
国産ワインと日本ワインは、
似て非なるものです。

国産ブドウ100%を使用して
国内で製造されたワインを
『日本ワイン』と呼び、
海外から輸入したブドウや濃縮果汁を使用して
国内で製造されたワインを
『国産ワイン』と呼んでいます」


消費者目線のワイン雑誌
『リアルワインガイド』編集長の
徳丸真人氏も指摘する。

「『国産ワイン』のなかには、
南米などで化学肥料や農薬まみれで育てられた
ブドウの濃縮果汁を輸入し、
水で薄めてから発酵させてワインに仕上げて
販売しているものもあるのです。

フルボトルで500円以下の
『国産ワイン』には、
こういった粗悪ワインが結構多いので
要注意です」


<粗悪食品3つのポイント>

1 激安の加工肉はタンパク質の水増し&着色を施している

2 にがりではなく凝固剤を使った豆腐は激安だが味が薄い

3 海外の濃縮ブドウ果汁を水で薄めた国産ワインに注意


5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
1
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ

関連記事

ピックアップ!

月別アーカイブ

藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!